さいとう歯科 東京サザンガーデン東五反田インプラントセンター
かんたん 今すぐネット予約
MENU

睡眠時無呼吸症候群治療

睡眠時無呼吸諸侯群治療メイン画像
料金一覧
携帯サイト
診療時間
睡眠時無呼吸諸侯群治療 健康はよい睡眠から。マウスピースの作製をおこないます。
睡眠時無呼吸症やいびきでお悩みの方にはマウスピース療法が有効です。下あごを数ミリ出すことで咽頭部が広がり、睡眠時に喉が狭まるのを防ぎます。また、医師により睡眠時無呼吸症候群と診断された方は保険適応になります。まずはお気軽にご相談ください。

マウスピース(医療用歯科装具)

マウスピースは身体に負担をかけない治療方法として、いびきと無呼吸症候群に用いられています。装着すると気道が開き空気が良く通るので、いびきや無呼吸が止まります。効果は高く有効率は90%です(重度の無呼吸症候群を除く)。
 

マウスピースは下顎を下げないようにするだけでなく、喉奥の気道も広げてくれるので、空気がスムーズに流れて空気抵抗が少なくなり、いびきが生じにくくなります。肥満による気道の閉塞や圧迫、顎や舌の沈下も防止できます。ただし、歯がない人や鼻に病気があると適さないこともあります。
まずはご相談ください。

※作製には診断をした医療機関の紹介状が必要となります。検査を希望される方は医療機関をご紹介いたします。